News
  1. TOP
  2. News
  3. イベント紹介〜パナソニック汐留美術館「ブダペスト国立工芸美術館名品展」
2021.11.22

イベント紹介〜パナソニック汐留美術館
「ブダペスト国立工芸美術館名品展」

東京・汐留にあるパナソニック汐留美術館は、「建築・住まい」「工芸・デザイン」をテーマとした企画展を通じて、芸術との触れ合いを可能にする都市型美術館です。
この度、「ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ」が開催されておりますのでご紹介いたします。

(画像:ブダペスト国立工芸美術館外観 )

 

《孔雀文花器》 ルイス・カンフォート・ティファニー 1898年以前 ブダペスト国立工芸美術館蔵

ブダペスト国立工芸美術館 は、ロンドン、ウィーン、ベルリンにおける工芸美術館の設立に続き、1872年に創設されました。
開館当初から、ジャポニスム様式の作品とともに、日本の漆器や陶磁器を始めとする日本の工芸品を積極的に収集し、美術館のアール・ヌーヴォー・コレクションの基礎は、主に1900年にパリで開かれた万国博覧会や 館内で毎年開催されていたクリスマス展覧会で買い上げた作品によって築かれたそうです。

 

《竹文ティーセット》 ジョルナイ陶磁器製造所 1886年頃 ブダペスト国立工芸美術館蔵

今回の展覧会では、日本の美術を西洋がどのように解釈したか、そして日本の美術や工芸がどのようにして西洋に 影響を与えたか、そのありようを19世紀末葉から20世紀初頭までの工芸作品の作例を通じて辿ることができるとのこと。

ジャポニスムとアール・ヌーヴォーをテーマに、ブダペスト国立工芸美術館のコレクションから約170件
(約200点)をご紹介しているそうです。

 

 

《多層間金箔封入小鉢》 ドーム兄弟 1925-1930年 ブダペスト国立工芸美術館蔵

◆展示期間:開催中〜12月19日(日)

◆開館時間:10時〜18時(入館は17時30分まで)

◆会場:パナソニック汐留美術館 

〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階

◆HP:https://panasonic.co.jp/ew/museum/

◆SNS:Facebook

 

※画像写真の無断転載を固くお断りいたします

関連記事を見る
  • ルネッサンス時代のデザインを陶磁器に〜レイノー・イタリアンルネッサンス〜
  • 世界最上級のインテリアで心地良い暮らし ~ 株式会社トミタ〜
  • 満席・キャンセル待ち【お知らせ・募集】食空間VMD&Flower・特別実践講座~Xmas Display2021~※パートナー企業様協賛有
  • イベント紹介〜京都絞り工芸館 開館20年 特別展示「北斎 神奈川沖浪裏展」
PAGETOP