News
  1. TOP
  2. News
  3. ルネッサンス時代のデザインを陶磁器に〜レイノー・イタリアンルネッサンス〜
2021.11.15

ルネッサンス時代のデザインを陶磁器に
〜レイノー・イタリアンルネッサンス〜

フランスの伝統的ブランド、「レイノー』より、新作のテーブルウェア【イタリアンルネッサンス】が発表されましたのでご紹介いたします。
英国の壁紙メーカーとのコラボレーションによって誕生した、繊細な植物模様が特徴です。

繊細な植物模様が特徴の【イタリアンルネッサンス】

レイノー様より、デザインの由来をお伺いしました。

14世紀後半、ミケランジェロやレオナルドダヴィンチなど数多くの芸術家が活躍したルネッサンス時代。

この時代の建築やタペストリーの刺繍などには、アカンサスの葉をモチーフにした植物模様がよく使われており、

華やかなデザインは当時の人々の憧れだったそうです。

 

そこからインスピレーションを受けて【イタリアンルネッサンス】のデザインは誕生したとのことです。

 

モチーフの画像

イタリアンルネッサンスは、大胆なエンボス加工が特徴の「リンクルスタ社」の壁紙を、レイノーの職人が手作業で型を作り、丁寧に仕上げ、立体感のある繊細なデザインを陶磁器に反映させているのだそうです。

レイノーの技術と繊細な造形美が、豪華で華やかな食卓を演出してくれそうですね。

 

豊富な色展開とバリエーション

モチーフのカラーは、全部で15種類の展開をされており、特におすすめのカラーをご紹介いただきました。

ベーシックなプレートのほか、大皿やカップアンドソーサー、ケーキスタンドなど、日常の食卓からおもてなしまで使っていただける器のバリエーションも豊富です。

 

2〜3色のカラーを組み合わせたり、レイノーの他シリーズを一緒に使ったり、コーディネートの幅が広がりそうですね。

 

また、この度の新作発表に伴い、特設サイトが開設されております。

https://housefoods.jp/shopping/ercuis-raynaud/special/it-renaissance.html

合わせてご覧ください。

「深海のクリスマス」をテーマにしたディスプレイ(2019年11月)

FSPJでは、エルキューイ・レイノー青山店様主催のクリスマスセミナーにおいて、
空間プロデュースとセミナーを担当させていただきました。

2019年の新作、「ミネラル・イリーゼ」にレイノー様で人気の「パラダイス」を組み合わせ、「深海のクリスマス」をテーマにした空間をプロデュースいたしました。

 

こちらのシリーズもカラーバリエーションが豊富で、柔らかなXmasの食卓を演出することができます。

クリスマスセミナーの様子(2019年11月)

今回ご紹介した商品は、エルキューイ・レイノー青山店でもご覧いただくことができますので、

ぜひ足をお運びいただければと思います。

 

前回の取材記事はこちら

エルキューイ・レイノー青山店
住所:東京都港区北青山3-6-20 KFIビル2F
TEL: 03-3797-0911
HP:https://housefoods.jp/shopping/ercuis-raynaud/

SNS:Facebook

関連記事を見る
  • イベント紹介〜パナソニック汐留美術館「ブダペスト国立工芸美術館名品展」
  • 世界最上級のインテリアで心地良い暮らし ~ 株式会社トミタ〜
  • 満席・キャンセル待ち【お知らせ・募集】食空間VMD&Flower・特別実践講座~Xmas Display2021~※パートナー企業様協賛有
  • イベント紹介〜京都絞り工芸館 開館20年 特別展示「北斎 神奈川沖浪裏展」
PAGETOP